So-net無料ブログ作成

震災から1週間たって思うこと

今回の大地震における一連のこと…
大津波、原発……。

地震当日、ゆずぽん家は
私は雑誌『湘南スタイル』別冊・レストランガイドの仕事で
近所のカフェ&レストランにいました。
夫はたまたま休日で、ゆずぽんを連れて
暖かいうちに……と海岸まで散歩に行き、
家に帰る路上で大揺れに……。

茅ヶ崎では幸いなことに、大きい被害はありませんでした。
でも、テレビで東北地方の災害の映像で愕然。
その被害の大きさの衝撃さ、初めて見る現実の映像。
これは映画ですか???? の疑問符が山ほどつく惨事に
日本中…その後は世界中が言葉を失ったことでしょう。

……あ、この辺から語ると長すぎる(すでに長いけど)のではしょります。

私はライターとして、雑誌や書籍などの誌面を作成してきました。
今回の地震の最中も、これほどの被害が起きていることも分らず
余震におびえながらも、この日は取材・撮影をこなしました。
でも、28年という歳月をマスコミ(紙媒体)の端くれとして仕事をしてきて、
今回ばかりは、「私の仕事って?」、今、必要ですか?って思いました。
被災地での状況を考えれば、フレンチレストランの取材が今必要か?

震災翌日の土日はほかの雑誌の原稿書きがあったのですが、
まったく手につけられませんでした。
たまたまそれまで、超忙しく、ピンと張り詰めていた糸が
この時にぷっつりと切れてしまったのです。

でも、今週に入り、レストランガイドの取材は
編集長の続行の指令の元、取材を続けることに……。
でも、計画停電の始まり、あるフレンチレストランでは…
「全部、キャンセルだよ…」と、肩を落とすベテランのオーナー・シェフ。
確かに今の現状では”いらない贅沢品”かもしれません。
でも、そこには人生をかけてきた知恵と技術があり、
それで生計を立てている人がいる。

地元のあるカフェでは、コンビニに惣菜系のものがないといことで、
急遽お弁当にして店頭で売るところ、
停電中でも、蝋燭の炎で、できる範囲で
営業するレストラン・バーなどもでてきています。

お役所じゃない限り、民間企業では通常の仕事を続けないと
生活が出来ない現実がある。

確かに、避難生活、食べ物が足りない、寒さにこごえる
人がいることを思うと、心が張り裂けそうですが、
今私たちは、できるなら……あえて”普通の生活”を行うことが
日本の経済を続行するためにも必要なのでは?…と。

こんなときに、春ものの最新の服が必要?
でも、それが売れなければ、アパレルメーカーは大打撃。
こんなときに、おしゃれな生活を提案する雑誌が必要?
でも、それが売れなければ、出版社は成り立ちません。

これは、ある意味、今、日本(世界)に問いかけてられているのは
”これは本当に必要ですか?”なのかもしれない。
でも、あまりにも自粛しすぎると、日本経済、
ひいては世界経済は成り立たなくなるのです。

今日会った人が言っていました
「お金は社会の血液。循環しないと意味がない」と。

昨今のエコに対する意識が高まっているけど
これが加速度的に高まるね。きっと。
これを書いている、今も私はぶ厚いセーターを羽織り
ニットの靴下などをはき、暖房はつけていません。
やればできる! 寒ければ家の中でも厚着すればOK!
お水の流し放しや待機電気の節減も、やればできる!

今、私が言ったこと、矛盾しています。
でも、”心のゆとり=楽しみ”にかけるお金と
無駄をなくすってことは別物で考えることが、
今後の日本をはじめ、先進国には必要なのだと思っています。

人の職業には大きく分けて2種類ある…と言われています。
1・”人を助ける仕事”、2・”人に夢を与える仕事”。
こんな災害時は、1の仕事の素晴らしさが輝きます。
でも、2も決して不要なものではない…と、信じていきたい。

災害に会われた方には、今は1が必要かもしれない
でも、今の状況が少し落ち着いたら、2も必要だと思う。
そのためにも、その前に経済が破綻しないよう
皆があえて、普通の生活をするようにしては?

かなり長くなりましたが、今思っていることを書いてみました。
って、今また地震あり!















 


nice!(2)  コメント(10) 
共通テーマ:ペット

nice! 2

コメント 10

フルフル

”楽しみ”絶対必要ですよ~~~。
日本は人を楽しませる職業で溢れてるじゃないですかぁ~。
出番はこれからですよっ。 皆さ~ん、準備はいいですかぁ?

日本を長く離れていると、より良さが分かったりするんだけど
”自粛”もその一つ。 人の気持ちをおもんばかって
自らを慎むー。 誰に強要された訳でもないのに、みんなで
痛みを分け合い、助け合う。 本当にスゴイと思いました。
その後、誰彼ともなく「さぁ、元気だそう!」ってムードに
なって行くの。 この国全体の一体感は感動に似た...
なんて言うか心に響くものが~~~!!!(涙
そして、そして、日本のスゴイのは”アイディア”
停電の中でも出切る、停電だからこそ出切るナニカを発案
しちゃったりして。 

普通の生活を過ごせる事に感謝して普通に生活しましょ♪
  
by フルフル (2011-03-20 01:21) 

ゆずぽんママ

★フルフル様
今回の助け合いの精神は島国根性の
良い面が出ていると思いますね(笑)。
外交は下手だけど、国内の統制はその気になれば取れる…みたいな。
みんな、なにか助けになることをしたくてうずうずしてますよ。
これをバネにして、日本パワー全開でいい国にしていきたいよね。
外国に住む人たちも、”自分は日本人です”と胸を張って
言えるような国にしないと~♪


by ゆずぽんママ (2011-03-20 18:57) 

はまのはなまま

あらーん、コメント フルフルさんから入ってるじゃない?!笑

電気少なくて 本 売れるんじゃないですか?
暗くて読みにくいか。笑

この地震で 価値観が 変わるはずだから 出版業界も そのへん考えていくんでしょうかね。。。

日本人の悪いようないいようなところ のど元過ぎると熱さ忘れる・・・。
by はまのはなまま (2011-03-20 23:31) 

まりん

ゆずぽん、大丈夫ですか?
ウチの子たちは地震の後、小さな物音にも怯えたりでちょっと不安定でした。
ゆずぽんママのお話、同感です。
自粛という何か重たいものに押さえられ、皆が動けないという今の状況は決して被災した地域にも良い影響は無いと思う。
周りに同調できる日本人の美徳みたいな精神もすばらしいとは思うけれど、被災地の為に慎むべきものと全てを止めてしまうことは違うし、このままあらゆるものが停滞しては、被災地復興の妨げになるのも確実。
余裕が無ければ人を助けることもできない。
被災した全ての人たちがいつか前を向いて歩ける時に、道しるべとなる光を灯すには、私たちも今までよりも大きな力を身につけなくてはいけないと思います。


by まりん (2011-03-21 01:29) 

emy

こんにちは。

日本経済を止めないこと。ほんとに同感です。
元気が元気を呼ぶような気がします。
引き寄せの法則ですね!

茨城の自分のエリアは結構揺れが大きいんですが、
今のところ一日断水しただけでなにも不便してません。
神様に感謝する毎日です。

ポンタ君、揺れは大丈夫ですか?
by emy (2011-03-21 13:21) 

ゆずぽんママ

★はまのはなまま様
はい、タッチの差で、フルフルさんが書いてくれました(笑)♪

確かに、この地震でみんなの価値観、少しは変わるかも。
そもそも、バブルを知っている私たちと
現代の若者は価値観違うし…きっと、バブルを知らない子供達
のほうが賢く・堅実に日本を支えてくれることでしょう。

コメントありがとです♪
by ゆずぽんママ (2011-03-22 02:25) 

ゆずぽんママ

★まりん様
まりん家はワンズはお留守番状態でした?
人間だってあれだけショックだったんだから…
ワンズは怖かったはず。

ブログにも書いたように
「お金は社会の血液のようなもの、循環しないと意味がない」
一部を破損しても、ほかの全体が元気なら
破損部分も早く回復するんだと思うのです。

無駄をしない、必要なものにはお金を払う…
今後の日本はどんな賢い国になっていくことでしょう!

by ゆずぽんママ (2011-03-22 02:31) 

ゆずぽんママ

★emy様
やっぱり、揺れは湘南エリアより大きかったのね? きっと。
1日の断水…突然きたら、結構キツかったでしょ?
3時間の停電も家で仕事をしていると、結構困るんだ~。
本当になにも出来なくなる。
事務仕事もPC化している弊害って、こんなときにでますね。

ぽん太はゆずよりは敏感ですが
揺れに関しては、そんなに神経質になっていない模様。

それより、Qちゃんは大丈夫?


by ゆずぽんママ (2011-03-22 02:36) 

Yumi

ゆずぽんにダメージが少なくて本当に良かったです。
ムックはあんなに打たれ強い犬だったのに、今回はかなりやられてます・・・。
家がボロすぎたのがいけないか?汗
でもあの日の鎌倉の引き潮は「絶対津波くる!」ってくらいすごかったよ・・・。
ちなみに茅ケ崎はそんなに引いてなかったらしい。。。
こういうことで一番の打撃は広告等だよね。でもそれがあるからみんな穏やかで安らげる。それも絶対必要なんです・・・。
by Yumi (2011-03-22 23:29) 

ゆずぽんママ

★YUMI様
鎌倉の引き潮…ほかの方からも聞きました。
東北のあの津波の映像を見ていたら
まず高台に逃げでしょうね。
相模湾は広く、入江も入り組んでいないので、
あれほどのものは来ない…と茅ヶ崎の猟師の家に
生まれ育った人が言っていたようです。
大丈夫かな?

そろそろ、日常の生活が戻ってきている様子。
出版業界は…さらに打撃かな~?
それとも、今回の停電騒ぎで、紙媒体もり返すか?(笑)

コメントありがとう~♪

by ゆずぽんママ (2011-03-23 02:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。